目標を達成することが出来ない時に考える1つの方法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


こんにちは、もときちです。(今回の記事はちょっと長いです)

皆さんは苦手なものはありますか?

料理?スポーツ?パソコン?恋愛?

多分全部出来る人はいないので、何かは出来ないことがあると思います。

僕の場合、バスケやバレー、サッカーなどの立体的?な球技が苦手です

野球と格闘技をしていたので、前からやってくるものには、対応できるのですが、
周りは見えないし、1つの事をしていたら他の事がおろそかになってしまいます。

(ちなみに体育のバスケの時間に僕がボールを持ったら、誰も守りに来てくれないくらいバスケが出来ません泣)

それでも、この世には「あなたの出来ていないこと」が「出来ている人」がいるわけで、
その人たちに勝つにはどうしたらいいのかなーって考えていました。

 

自分の好きな人と付き合っている人
自分より運動が出来る人
自分より頭が良い人
自分より稼いでいる人

「負けている理由をセンスだけで片づけるのは嫌じゃないですか?」

必ず理由があるし、自分には何が足りないのか考えてみました。

ん、「何が足りない?」

これがキーワードですね!

いきなり全部しようと思うから難しいのであって、要素に分解すればいいんだ!

思えば、バスケ部の人はドリブル、パス、シュートを1つずつ練習しているのに
体育の時間に急にちょっとやった僕が出来るはずないですよね!

要素に分解したら、できる!

 

ゴールを知る

まず目標となるゴールを設定します。

恋愛ならあの人と付き合う、勉強なら○○のテストに受かる、スポーツなら一点とる
アフィリエイトなら商品を1つ売る。とかでしょう。

途中で分けていくうちにこれがわからないようになるので、何度も確認することが大事です。

要素を出す

目標とすることは、一体何と何と何と何で作られているのか考えてみましょう。

バスケだったら、パスとシュートとドリブルでしょうか。

僕は素人なのでよくわかりませんが、もっとあるかもしれません。この要素はもれなくダブりなく出すことがポイントです!

 

自分の考えをポストイットに書き出して、それを貼っていく方法をとるのもいいかもしれません。
ある程度書いたらそれを分類していけばいいですね。その他はないです。

 

バスケは1つですが、構成されるパーツはたくさんあるので、

もし手段が分からなくなったら、目的に戻ってこれを解決するには何が必要か考えてみます。
(これとこれとこれが出来たらバスケは出来るようになる…といった具合に)

 

 

分けたらどうするか

さらに細かく分けながら、1つずつ練習します。

ここでは「1つずつ」っていうのがポイントです!!

 

いきなり、走りながらパスを受けて、ドリブルして、一回パスを回して、もう一度パスを受けてダンクを決める練習、とか無理です!!

 

ドリブルで体育館をぐるぐる回る練習、ゴール下からシュートするだけの練習、パスだけをする練習をすればいいんです!

これらが組み合わさって、同時にできているように見えるけど、実際は一つ一つを組み合わせただけ

これが大事だと思います。

 

モテる人は、トーク力、見た目(ファッション)、気遣い、告白の技術などをひとつずつ、
料理が出来る人は、料理の知識、技術(切り方など)、などをひとつずつ出来ているわけですね。

そして、分けたらその要素をひたすら実践することが大事だと思います。

 

プロセスの話

要素を分けたら、作り出すフレームワークがもう一つあります。

今度は恋愛の話を例に挙げましょう。

まずは、ゴールを決めるのでしたね、僕は男なので、
「女の子と付き合う」
ということを最終目標にします

そして要素を抜き出します!

いきなり付き合うことはありえないので、「仲良くなる」はどこかに入るし、「告白する」も入るし、「デートに行く」、あ!「連絡先を聞く」もあるな・・・・

あとまぁ忘れてはいけないのが「出会う」

これを順番に並べてみます

これが出来たら、女の子と付き合えないんだけどどうしよー」

なんていう、漠然とした悩みは出ないです!笑

だって問題がある箇所を発見して、修正していけばいいんです!

例えば、最初の「出会いの」部分でつまずいていたら、そこを何とかして改善すればいいんです!
友達に紹介してもらう、ナンパする、街コンに行く、何かのコミュニティに入る、の方法が浮かぶし、

「デートに誘うことが出来ない」のなら、プレゼントを用意する、イベントを探す、面白そうな場所を探す、
そもそもまだ親密度が低いなら仲良くなるに戻る・・・という風に原因と見つけて

そこを改善する。もしかしたらプロセスが間違えているかもしれないので、そこも発見したらすぐに直す。

まとめ

ゴールを決める、切り口(分け方)に注意しながら要素に分ける、一個ずつやってみる(極める)、
目標達成には何が足りていないかを考える、そしてまた実践する。

 

最終的に目標達成のためにできないことをどんどん減らしていくイメージです!
「出来ないこと」が無い=出来る

これはビジネスにも広く応用される考え方なので、またこのブログでも活用していきたいと思います!

*注:バスケと恋愛の例に関して僕はプロじゃないので、内容はよくわかりません笑
自分の取り組んでいるテーマについて考えてください!

何か面白い例があったら教えて下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

プロフィール


こんにちは、もときちといいます。
26歳O型です。

衰退していく地元に危機感を感じ、ネットを使ったビジネスを始める。

地方でも豊かに生きる人を増やしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちら↓

プロフィール詳細

コメントを残す

*