こんにちはもときちです。
今世間って何が流行っているんでしょうかね?

趣味が多様化してきてよくわかんないんですけど、

 

 

ウェブサイトの世界ではSSL化が流行っています!

 

SSLって何? SSL(Secure Sockets Layer)
直訳すると    安全な ソケット 層

で、何かというと、
例えばネットで買い物をしていたら住所とかカードの番号とか
知られたくない情報を入力する機会があると思います。

SSL化するとそれらを暗号化して通信することができ、
個人情報の流出を防ぐことができます

 

 

つまり、SSL化をすることで信頼を得ることが出来るのです!!

そのため、SSL化できていないブログに比べてgoogleが検索順位を優先してくれる
可能性があります!
(「可能性」と書いていますが、時代はSSL化するように進んでいます)

 

僕はエックスサーバーを使っているので、エックスサーバーで行う方法について書いてある
ブログを参考にやってみました

事前にワードプレスのデータベースのバックアップをとる

ということで,
ここはこのBackWPupというプラグインを使います

管理画面の左側にある「プラグイン」から「新規追加」をクリックしてBackWPupを検索してみてください

発見したら「有効化」をクリックしてください

有効化が完了したら
管理画面の下の方にあるBackWPupタグからダッシュボードをクリックしてください。

クリックしたらページの中段位にある1クリックバックアップ、
データベースのバックアップをダウンロードしてください

そしたらこんな感じのSQLファイルが出来るのでSSL化への準備は完了です!

エックスサーバーの無料SSL設定を行う

まずエックスサーバーにログインして、メニューの右上にある「ドメイン」のところにある
「SSL設定」をクリックしてみてください

そうすると自分が持っているドメイン一覧が出てくるので、SSL化したいドメインの右側の
「選択する」をクリックして下さい

そして独自SSL設定の追加を押して、サイトを確認して右下の「独自SLL設定を追加する(確定)」をクリックします
(CSR情報(SSL証明書申請情報)」を入力する」というチェック項目は空欄のままでよいです。)


*画像はすでに終了したものです

 

そして独自SSL設定を追加すると、「SSL新規取得申請中です。しばらくお待ちください。」と出るので
しばらく待ちました。

 

「「ドメイン名」に独自SSL設定を追加しました。
なお、SSL設定が反映するまで、最大1時間程度かかります。今しばらくお待ちください。」

と出たら申請完了です。

 

先ほどのSSL設定の画面に戻るとアドレスがSSL化してるのが分かります。

ここで出てきたhttps:のURLからブログにアクセス出来たら
次の工程に行きましょうということなので、一時間待ってクリックすると

 

アクセス

 

出来ない

 

え?次行けないじゃん笑 ってなりました。

 

それでどうしたら出来るか色々と試してみました。

 

試したこと

URLを変えた

エックスサーバーでSSL化した、URLをもう一度見てみました。
というのも、いつも表記されているのはwwwがないものだったので

https://motokichi1.com/

のwww.を消して

https://motokichi1.comでクリックすると

アクセスは出来た!

けど、画面が上手く表示されないのでダメでした。

プラグインに頼った

参考サイトにちらっと載っていたプラグインを試してみました現在はこの方法を推奨していません→リダイレクトが止まらない

それがこの「Really Simple SSL」です!

 

その名の通り、本当に

プラグイン→新規追加から検索して有効化するだけ!!

 

これで大体のところがSSL化されたのですが

よく見てみるとhttpsにはなっているのにも関わらず

下の図のように「保護された通信」となっていないページがあったので色々試してみました。

自動でできなかったところ

サイト内の画像とリンクをhttpsに変える

サイトのアドレスはSSL化できているのですが、
画像やリンクのアドレスがそのままの部分があります!

 

ここもプラグインを使いましょう!
Search Regexです!先ほどと同じようにインストールして有効化してみてください!

有効化したら左のツールからSearch Regexをクリックしてください。

そうしたら下の図のようになるので、赤四角内上段のsearch patternには元のサイトのアドレスを
下段にはhttp抜きのアドレスを入力してください!

そして右下のSearch&Replaceを押すします

 

これでサイト内の画像やリンクは大体SSL化されました!

これでもまだできていない部分があるのに気づきました!

テーマのチェック

「外観」から「テーマの編集」でHTMLを直せるので、まだSSL化できていない部分を探すために
一旦コピーしてエディター(文章の下書きをするソフト)に貼りました(僕はMeryを使っています)

 

エディターには、文字検索機能があるので探すと該当箇所が出てきます。

そこを直すとOKです!

ヴィジェットでプロフィール画像を直した

 

最後に「外観」から「ヴィジェット」をクリックして

サイドバーにあるプロフィールの写真が変わっていなかったので
そこを直しました。

まとめ

 

僕の場合はアフィリエイトリンクも貼っていないし、フェイスブックアカウントの計測もなかったので
こんな感じでしたが、色々やっているサイトはもっと色々あると思います。

 

プラグインで大きく直しておいて、細かいところを手動でちょこちょこやっていいく・・・っていう感じでした。
(ちなみにReally Simple SSLは無効化したらSSL化も消えるので注意)

 

コンテンツが増えれば増えるほど、SSL化に必要な訂正箇所は増えていくので、
ブログを始めようとする人は最初からする気で作りはじめましょう!